頑張る社会保険労務士/社労士受験生を応援するサイト

社会保険労務士最短最速合格法
 社会保険労務士 最短最速合格法 >> りんちゃん・マッチの1日1問

りんちゃん・マッチの1日1問
1日1問ずつ問題を提供していきます。学習の確認にお使いください。
 >> 過去問へ
2021年 4月 11日の問題  労働基準法22
使用者が、労働基準法33条又は36条1項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の【A】の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。
 ただし、当該延長して労働させた時間が1箇月について【B】時間を超えた場合においては、その超えた時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の【D】の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。
※上記のただし書の規定は、2023(令和5)年3月31日までの間、一定の中小事業主には、適用されない。
答え: A:
  B:
  C:



Copyright(C) 総合事務所ブレイン