コッキー さん
初受験は、選択対策もあまり出来ずに受験になりました。次回は、早めに準備をしてリベンジをしたい。

コッキー さん の受験生日記

2012年11月10日(土) 合格証書書留郵便が着きました 
ライターの皆様、1年間本当にお疲れさまでした。

インターネット通信の独学でしたから、心が折れそうになった時に、皆様の日記を読んで、何度も勇気づけられました。

ライターの皆様、事務局及び関係者の皆様、ありがとうございました。

午前10時59分に合格証書書留郵便が配達になりました。

私も昨日インターネット官報で確認しましたが、縦に受験番号が表示されていると思い、縦に自分の受験番号を探していて、なくて、ビックリしましたが、横に3つ番号を表示し、改行する形式で表示してありました。

私の今までの人生の中で、一番苦労した試験が、社労士試験でした。

来月には、55歳になります。

2年前に社労士を目指して、勉強を開始した頃は、記憶力はどうかな?と思いましたが、途中で、若い頃と同じぐらいであると確信しました。

最近、脳は使っていれば80歳でも記憶力は衰えないとの研究も発表されていますが、本当です。

私の2年間の社労士試験との戦いの記録を書きたいと思います。

☆勉強時間(答練の解答時間、模試解答時間も含みます)の記録

2010年10月12日~2011年8月27日   763時間
2011年10月11日~2012年8月25日 1,034時間
   
             2年間の合計 1,797時間

☆本試験の記録

2011年
  択一式 8/8/3/4/5/8/4    40点
  選択式 2/2/3/1/2/5/1/3 19点
2012年
  択一式 5/9/6/7/10/9/9   55点
  選択式 4/5/4/4/3/5/4/3 32点

選択式は、日頃の勉強と「運」、「勘」も総動員しないと勝てないかもしれませんが、基本は、日頃の勉強だと思います。あれだけ勉強したのだから、「私に解けない問題はない」と思って、たとえ初めて見た設問でも冷静に日頃の知識を総動員して、選択式に勝ってください。

再チャレンジの方は、来年こそは、社労士試験との戦いに勝利してください。

最後に、私の大好きな言葉を書きます。
今までの人生でも、浪人したり、道草したりで、苦しくて、辛くて、心も折れそうにもなりましたが、
この言葉を信じて一歩、一歩、歩んできました。

「継続は力なり」

ロンドンオリンピックの背泳ぎ寺川綾さんの言葉

「諦めなければ、夢はかなう!」
【今日の勉強時間 0.0時間】

2012年11月9日(金) 合格しました 
今、インターネット官報で受験番号を確認しました。

やはり、試験センターホームページは、繋がりませんね。

独学のような勉強方法(インターネットでの勉強)でしたから、心が、折れそうになることも多く、そんな時には、他の受験生さんの日記を見て励まされました。

本当にありがとうございました。

1年目は、一読者として、2年目は、ライターとして参加させてもらい、よい思い出にもなりました。

数日前からの風邪が悪化し、咳も出るようになりましたが、発表日のシナリオ通りに、千葉へ行き、千葉県社労士会、官報販売所などを巡ってきます。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2012年11月8日(木) いよいよ、明日ですね 
いよいよ、明日が合格発表です。

「継続は力なり」を信じて、毎日コツコツと頑張りました。

私を含めて、たくさんのライターの方々が、合格するように願っています。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2012年11月7日(水) あと2日、こんな夢を見ました
合格発表まで、あと2日になりました。

今朝は、こんな夢を見ました。

どこかに旅行に行っていて、バス停でバスを待っていましたが、バス停の近くを見ている(写真でも撮影していたのかな?)間に乗る予定のバスが来てしまい、なんと、通過してしまいました。

縁起の悪い夢でした。

思えば、本試験当日の夜に、TACとクレアールの解答速報を見て自己採点をし、マークミスがなければ、合格したと確信しました。
(択一55点、選択32点、基準点割れなし)

解答速報のパソコン画面を見ながら、そのことを応援してくれた方に、私が携帯から、涙声で電話をしたことも昨日のことように思い出されます。

合格を信じています。

☆MOMOいちばん 様へ

MOMOいちばん様の「相棒」の表現にもユニークだなーと感じ、記憶に残りました。
MOMOいちばん様の自己採点の択一式の得点を見て、素晴らしいなーと思いました。
60点超えは凄いですね。
私は、公務員を早期勧奨退職してから、何か資格を取ろうか?と考えて、クレアールで、国内旅行業務取扱管理者試験講座をやり、合格しましたが、年齢も50歳を過ぎていますので、この資格での就職は無理ですし、自分で旅行代理店を開いても、収入的に無理(パッケージツアーを販売しても利益率は、1~2%)だと思いました。
2010年9月たまたま見ていた、情報番組のミヤネ屋に「年金の話」で、北村先生が出演されていました。クレアールのホームページを見たところ、講師に北村先生がいらっしゃいました。これもなんかの縁だと感じ(年金系には以前から、興味もありました)なら、公務員時代に多少担当もした国保、国民年金が試験科目にある社労士だと思い、社労士を目指すことにしました。
MOMOいちばん様の相棒(ご主人)様のように、退職してやらないと、なかなか合格しにくい試験だと思います。選択式は、本当に不安で脅威でしたよ。有効な対策は、「なし」ですから。選択式は、「運」もないと合格が出来ないとも思いました。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2012年11月6日(火) MOMOいちばん様へ&夢を見ました、正夢か?
☆MOMOいちばん 様へ

日記をお読みいただきありがとうございました。

私は「MOMOいちばん」のユニークだなーと感じたハンドルネームにひかれ、よく拝読しておりました。

試験当日の試験会場ハプニングは、本当にビツクリされて、移動も大変だっただろうなと拝読しました。

初受験の経験から、択一式は、あと1年やれば「どうにかなる」と思いましたが、どこから出題されるかわからない選択式は、何年勉強をしても無理で、選択難民(社労士Vの選択式テクニック本に書いてありました)になりそうで、効果的な対策もなく、本当に不安な毎日でした。

模試で択一式には、めども立ちましたが、選択式は、模試の度にいずれかの科目で、基準点割れでした。

そんな時、MOMOいちばん様が7月に書かれた日記に「選択式は、国語力とセンス」の日記もあり、やはり、選択式で苦労されているんだな。国語力で悩んでいるのは、私だけではないと、励ましにもなりました。

学生時代、私も国語は、苦手で、嫌いでした。
古文なんかは、最悪でした。とても日本語には思えませんでしたからね。
(それも理科系に進んだ理由です)
好き(得意な)科目は1.社会、2.理科、3.数学の順でした。社会が一番好きでしたから、法学部で法律をやりたかったのですが、とても合格出来そうもなく、理科系にしました。

元々、暗記する科目は、(無理やりに覚えるのではなくて、何度か見て、読んでいて覚えられます)好きでしたね。

私が、思うには、社会、理科、数学には、答は1つしかありませんが、国語や文学には、複数の答(解釈?)があるようにも思えます。そのような科目は、嫌いですね。
一番嫌いだったのは、「作者の気持ちを100文字以内で書け」みたいな試験問題。
私に言わせれば、すでに作者は死亡していて、誰が本当の作者の気持ちをわかるんだ!でしたからね。

物理は、嫌いな方も多いと思いますが、基本的な物理現象とその公式を理解すれば、大学入試は楽ですよ。答えは、1つしかありませんからね。

私が昨年撃沈した、労一の選択問題を知人にやってもらったところ、何と著書のタイトルも私が絶対に正解ではないと判断した「電算型賃金制度」も前後の文章から推測で正解でした。
(その方は、法学部出身で、私は理工学部ですから、国語力には、相当の差があります。)

私みたいに国語力のない人間は、選択式の空欄の前後の文章を読んでも正解の文言は、なかなか思い浮かびません。
数字ならば、勉強して記憶したか、しなかったかの差ですが、文言の場合は、勉強していなくても国語力の差で正解することもできます。

選択式には、本当に苦労し、不安でしたね。

7月下旬からは、選択式の不安から、「社労士Vの特集の選択問題」、「TAC一般常識講座に付いていた選択問題や模試でもらった選択予想問題」、直前に購入した(直前に購入して、やることを増やすのは、よくないと知りながら)「社労士Vの選択式で合格を呼び込むテクニック」に多くの時間をかけていました。

選択問題を多く解答することにより、不安を払拭したかったですね。

その効果もあり、本試験では初めて見た設問でも、冷静に考えられて、今までの知識にプラスアルファーの力も出せました。

選択式問題について書いてみました。

今朝、地元の千葉日報に受験番号が掲載されている夢を見ました。
(本当は、新聞には掲載されませんけれどね)
どこかの柱の駅?、どこかの施設の柱?のガラス掲示板に新聞が貼りだしてあり、受験番号の191がありました。
受験番号は、9桁ですが、最初の方の番号は、受験都道府県や受験会場のコード番号でしようからね。

夢でも受験番号を覚えていて、目覚めてから、不思議だなーと思いましたよ。

正夢になってほしいです。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2012年11月5日(月) もうすぐ合格発表ですね
いよいよ、今週の金曜日ですね。

あと、4日となりました。

マークミスがなければ、大丈夫だと思いますが、受験番号を見るまでは、落ち着きませんね。

先週土曜日にプロゼミ説明会に参加し、現役の社労士さんの開業当時の苦労話を聞きましたが、
やはり、最初は何をしてもまったく反応がなく、暗くなったと話されておりました。
また、朝ご飯を食べると気持ちが悪くなり、すぐトイレに行き、毎日たいへんだったと過去を振り返られておりました。

私は、合格後、社労士資格を生かして、それで生活をしようと考えておりますから、
これからの方が、受験勉強以上にたいへんだなと思い、胃が痛くなりましたよ。

よく考えたら、知らないことがたくさんあり、ホームページの作り方も知らず、簿記もわからずですからね。
他にもたくさん知らないことばかりです。

プロゼミか?TAC実務講座か?どちらにするかも迷っております。
両方受講すると25万円ぐらい必要です。
仲間作りを考えたら、プロゼミかな?
テキストや資料ならば、TAC実務講座がよさそうですが・・・。
テキストをDVDで独学しても、仲間もできないし、ネットワーク作りにはつながりませんからね。
でも、仲間作りが、直ぐには仕事には結びつかないし・・・。
(先々を考えると、仲間作りもネットワーク作りに大切だと思いますが・・・)
いろいろと考えますね。

先ほど、日本シリーズの第7戦(試合がなくなった)チケットの払い戻しに行った帰りに、
パソコンスクールに寄りました。
ホームページの作成・更新の講座があるのかを聞きましたら、ないとのこと。
どこかで、業務用のホームページの作成講座も受けないとなりませんね。

合格後、何を優先してすべきか、行動計画予定表も作成しないと・・・。

いろいろ、考えると不安が一杯です。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2012年11月4日(日) カメラを購入
昨日東京ドームで、不注意で落としてしまったサブカメラの後継機のキャノンG15を購入しました。
前のG10は、3年6カ月使いました。

最近は、一眼レフは重いので普通に写真を撮るのなら(写真撮影が目的でなく、記録としての写真など)軽いコンパクトデジカメG10を使っていました。

一応、カメラマニアですから、どういう露出(シャッタースピートと絞りの組み合わせ)で撮影されるわからないオートモードは使いませんから、コンパクトデジカメでも絞り優先モード、ASA設定、露出の+-補正ができるカメラでないと困りますので、その後継機を購入しました。

この程度の機種ならば、高感度設定にするとかなり暗い場所でもストロボなしで撮影できるので、便利ですよ。ストロボ発光禁止の場所も多いですからね。

私が購入してから、3度マイナーチェンジ(高感度時のノイズ補正技術が進歩したようです)をしたようです。
たまたま先月に発売された最新型なので、コンパクトデジカメにしては、高かったですね。
価格ドットコムでカメラ量販店(ポイント付与より値引きが大きい方がよいです)より安い店を調べて購入しました。

巨人日本一の代償として、カメラを購入することになりましたが、機能がかなりアップしていますので、更新したと思うことにします。

明日、日本シリーズ第7戦のチケットを購入店で払い戻しします。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2012年11月3日(土) 巨人原監督の胴上げを生で見ました 
ブレインオフィスでの社労士プロゼミガイダンスに出席後、東京ドームで待ち合わせて、巨人の応援をしました。

巨人原監督の日本シリーズ胴上げを生で見られてよかったです。

望遠レンズで、バッチリ原監督の胴上げも撮影できました。

(残念ながら、メインのニコンD300を首からかけていいため、カメラ同士がぶつからないようにサブで持参したキャノンG10を左肩だけにかけていました。ところが不注意にも落としてしまい、G10が使用不能になりました。巨人優勝の代償になってしまいましたが、仕方ありません。)
手軽な撮影にはコンパクトデジカメも必要ですから、G15を購入します。

今まで、日本シリーズはチケットを抽選で当てても、なかなか優勝の決まる試合は、見れませんでしたから、本当によかったです。

あとは、9日の社労士試験に合格すれば、本当に思い出深い2012年になります。

「闘魂こめて」も優勝セレモニー後、ファン皆で歌い満足しました。

長年の巨人ファンですが、生で日本一の試合を応援・観戦ができて本当に幸せでした。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2012年11月2日(金) いよいよあと7日ですね 
昨日の日記で、再度自己採点をされたと書いている方もおりました。

いろいろ考えると、心配にもなりますよね。

私が受けた模試は、TACの中間模試・公開模試(どちらも会場受験)と自宅解答のクレアールのみです。(昨年も同じ)

本試験の解答用紙は、択一式は、労基・安衛から左に4科目解答して、下に移動し健保・厚年・国年をマークします。選択式は、一番上の労基・安衛から下にマークします。

TACの模試は、本試験と同じような形式の解答用紙ですから、練習にもなります。

本試験当日の夜、自宅でインターネットの解答速報(TACとクレアール)を見て、持ち帰った問題用紙で自己採点をしました。
その時、択一式と選択式、記入する方向が違うよな?、大丈夫だよな?と少し心配になりました。

私は、模試も含めて、全ての問題を解答してから、択一式なら70個を選択式なら40個をまとめてマークし、2~3度マークの確認をしています。

択一式の解答順番は、健保→厚年→国年→一般常識→雇用→労災→労基・安衛(年金系が得意ですから、先に解答しています。雇用と労災は、問題を見て、保険料計算問題があるときは、そちらの科目を先に解答します。)とこの2年間、模試と本試験で解答しています。

昨年6月のTAC中間模試を受ける時に、どの科目から解答するか?と考えた結果、健保で頭のウォーミングアップをして年金2科目を解答したら、年金系がよい成績でしたから、そうしています。(厚年は、2年間の模試、本試験でも8~9点と毎回安定しており得点源でした)

あとは、マークミスがないことを願うだけです。

明日は、午後神保町に行き、成功している社労士の方のお話とプロゼミのガイダンスに出席し、その後、東京ドームで待ち合わせをし、日本シリーズ第6戦を応援・観戦し、巨人原監督の胴上げを見る予定です。
望遠レンズ(D300だと300mmが450mm相当になる二ッコールレンズ)を持参し撮影予定です。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2012年11月1日(木) 勘も大切! 
日本シリーズは、4勝2敗で、原監督の胴上げと予想して、第6戦チケットを抽選で購入しました。
土曜日の東京ドーム第6戦の応援が楽しみになりました。(土曜日午後は、プロゼミ説明会→夜、東京ドームで巨人の応援です。)
(念のため、第7戦のチケットも抽選販売で当選して購入してあります。)

余談ですが、予想といえば、TACの広告で、「模試のここが的中!」、「テキストのここが的中!」とか、「暗記カードのここが的中!」と書いてあります。
私は「、○○○的中!」といえば、競馬専門紙等の売り文句だと考えていましたが、試験対策予備校でも使うのですね。(広告を見て、笑ってしまいました。)

勘といえば、本試験の選択式問題は、どんなに予想問題を解いたとしても、同じ条文の同じ個所が、空欄で抜かれることは、確率的に低いですね。
(勉強した同じ条文が出題されたら、ラッキーと考えるしかないですからね。)
(斎藤先生は、選択式対策としては、選択式予想問題よりも択一式問題を解く、条文やテキストの読み込みをすることにより、選択式対策になると指導されています。)

今年の本試験の選択式解答時には、初めて見た条文や設問にも「勘」も働かせられて、冷静に解答が出来ました。

択一式は、過去問題をたくさん解答すれば、対策になりますが、選択式は、日頃の勉強にプラス「勘」と「運」もないと全ての科目で、基準点をクリアすることは、たいへんだと思います。
(私は1年目の労一のトラウマ(どこから出題されるかわからず、決定的な対策もなく、何年受けても全科目の基準点クリアは困難だと感じた)もあり、本試験当日まで、選択式問題は、不安でした。これだ!という対策はなかったですね。TAC模試でもらった予想問題を解いたり、TAC一般常識講座に付いている練習問題や社労士Vの選択問題を選択枝を見ないで解いていました。)

今年もあと2カ月になりました。
今年は、合格祈願に行った寺院のおみくじで、人生初の「凶」を3回も引いてしまったり、いろいろありました。

☆ミズタマ さまへ
 昨日のお言葉、ありがとうございました。うれしかったです。
 
 同じカメラ好き仲間として、同じ年に合格したいですね。
【今日の勉強時間 0.0時間】