雑草魂 さん
苦労なくして栄光なし!

雑草魂 さん の受験生日記

2017年11月12日(日) 追記
本日無事合格証書を受け取りました。

感動のフィナーレなどなく、待ちくたびれた感が強いあっけないものとなりました。

****

たけちゃん様

メッセージありがとうございました。

遅ればせながら、お孫さんの誕生おめでとうございます。たくさんのお孫さんとの行事

いつも微笑ましい光景を浮かべながら読ませていただいておりました。

また、私ごとにご心配いただきお返事もせず失礼しました。

エイト 様

メッセージありがとうございました。

いつも、パワフル、元気モリモリの日記に励まされておりました。

必ず来年はゴールテープを両手をあげて満開の笑顔で突破されると信じております。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2017年11月11日(土) いい日旅立ち・・・スタート
一夜が明けて待ち人来たらず状態で受験生日記書き込み終了の日を迎えることになりました。

事務局とのお約束も後だし日記が何度かありましたが、きちんと守ることができました。

これから、開業してお仕事を進めていくにはまずはお約束事がきちんと守れることですものね。

自分自身ではこの部分は守ることができました。

明日、届く書類を手にして改めて「合格」した実感とこれから始まる責任の重さを感じると思います。

自分の気持ちにきちんと区切りをつけ自分の夢に近づくための原点はこのサイトです。

このサイトで日記を書かせていただいて「合格」とともに卒業できることに感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

北村先生、斉藤先生、事務局の方々1年間お世話になりました。

このサイトでご一緒させていただいたライターさんの日記にもたくさん元気をいただきました。

ありがとうございました。

又、いつかお会いできる日を・・・


リベンジ組 西日本軍 雑草魂
【今日の勉強時間 0.0時間】

2017年11月10日(金) いい日旅立ちまで・・・後1日
朝9時30分に官報で番号を確認しました。うれしいの前にやっと「卒業」できるという安堵感で

いっぱいになりました。

本試験の超直前々日、前日に睡眠を取ることができずフラフラの状態での受験でしたのでよい結果を出すのは無理だと

感じておりました。

今日からぐっすりと眠ることができます。

感動のフィナーレは明日証書を受け取ったときでしょうね。

最後のお約束の日に自分の気持ちと残りの振り返りをまとめます。<(_ _)>

合格されたライターの皆様おめでとうございます。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2017年11月9日(木) いい日旅立ちまで・・・後2日
選択・択一式の点数も安定してきていましたが、直前期のメンタル面に課題を残しておりました。

本試験1週間前は試験休暇をもらえる環境にあったのですが、それがよくなかったのか

自分の部屋から一歩の出ず机にかじりついて見直しなどをしていると涙が出て止まらなくなりました。

1日2ケタの学習時間に眠気が来るといけないので食事はちくわ、トマト、コーヒー、エナジードリンク

で過ごしておりました。

当然、夜は良質な睡眠などとれずにもちろん試験前日は寝ないまま試験会場へという状態でした。

この年は選択式が荒れた年でしたが、労災1点救済の話が飛び交う中ここでも何とか3点キープが

できました。しかし、めちゃくちゃな食事内容による体調不良、悪天候で列車が遅れで試験時間の繰り下げで

集中力にかけて択一式が今一つ振るわず42点で不合格となりました。

この年の合格率が最低といわれておりましたが、受験仲間のお二人が厳しい環境の中突破されました。

お一人は体調不良で直前期までフラフラな状態でしたので「あまり無理をしないように・・・」とメールを

したのですが、「今無理しないで、いつするんですか!」と闘う姿勢を最後まで崩さない方でした。

もう一人は、お忙しい業務の中遠方にお住いのお母さんの介護をしながらの突破でした。その年は自分の中に

こもりいつもメールで励ましあっていたのですが、それもしないでねオーラが出ていて集中されての突破でした。

お二人とも記念碑に入られ、嬉し、さびしい受験勉強の再スタートでしたが、必ず追いつくぞという強い気持ちを

持つことができました。

*****明日へ***

追記・・・明日は運命の「合格」発表の日   

たくさんのサプライズ『合格桜』が咲きますように・・・!(^^)!
【今日の勉強時間 0.0時間】

2017年11月8日(水) いい日旅立ちまで・・・後3日
高齢者等の就職もいろいろありましたが、とりあえず人たるに値する生活を送るには

何とかなる環境になりました。

この年からWeb通信も始まり、自宅でライブ講義を受けることができるようになり孤独感もなく

板書を見ながらの視聴はもつれた糸がほぐれるような光があるものとなりました。

学習も早朝に集中してやり、帰宅後は復習を少しとしました。

択一はこの年からぐ~~んと伸びました。かなり伸びしろがあったのでしょうね。ただ、選択式は

低空飛行の状態が続いておりました。暗記カードを記述で解きながら訓練しましたが今一つ・・・

一般常識など文脈から推測して解く科目はなぜかはずしてばかりでした。

がこの年の本試験中に選択式の学習の仕方と解き方が理解できる瞬間がありました。

以前購入したひよこ先生の「選択式テクニック??」の中に書かれていた内容が頭に浮かび救済が

あるだろうと予想され、救済されなかった社一は満点を取ることができました。

択一式も末尾順に解く学習方法が理解できて自分独自の過去問解答用紙を作成して1肢ずつ論点を書き出し

解説と違う論点を書き出した時はテキストに戻りました。

答練も予備校では時間内に論点を書き出して解答するように指導されていたのでそれを繰り返し、模試も

自宅で解き直しする場合は書き出しができるように解答用紙を作成し、フリクションペンで何度も解き直しを

しました。時間内に1肢ずつ論点を書き出すのはかなりつらいものがありましたが、知識のあいまいさが浮き上がり、

問題文も読み飛ばしなく早く読める訓練ができました。

ただ、本試験前の直前期のメンタル面が確立されていなくてこれを超えることが今後の課題となりました。

*****明日へ***
【今日の勉強時間 0.0時間】

2017年11月7日(火) いい日旅立ちまで・・・後4日
本試験終了後、主たる生計維持者は次の職を求めて求職活動を始めましたが

労働一般での講座で話される通りまず無理な状態が続きました。

学習する資金もなく心身も病んでいたためまずは生活を立て直すためにハローワークでみつけた

アンケート調査(20万円)の調査を始めました。

自分の住まいからかなり遠方の法人から個人の事業主様へアンケート用紙を配布し、回収するお仕事でした。

離職までずっと事務職でどちらかといえば上から目線の立場でお仕事をしていた私にはつらいもので

門前払いは当たり前・・・個人商店では品物を購入しないと受け取らないなど色々経験しました。

それでも、このお仕事は1か月間のみで終了日にまだお仕事が決まっていなく不安が募るばかりでした。

アルバイト終了間際ある運送会社で経理事務の募集があり応募すると面接をしてくださるということで

履歴書を持参し、面接を受けました。

実務経験は評価いただきましたが、自己アピールのつもりで「社労士受験生」を書いていたことがネックになり

採用条件は「社労士試験を受けないということ、社労士は仕事の邪魔だから・・・法律にそって仕事なんか

できないから」ということでした。

先方もご高齢の事務員が退職で急がれていたのでしょうが、この採用条件で消えていた社労士受験に火が付き

内定をいただいていたのにこちらからお断りのお手紙を書き辞退しました。

それでも、資金がない・・・独学で進めるだけの知識の定着はできていないのがわかっていたので

人生最初で最後私の両親へ学習の資金援助にお願いに行きました。

それから、ご縁があって時給制度で今の他士業の事務所へお仕事も決まりました。

今の事務所では社労士のお勉強をしている人がほしくて私の履歴書を見て採用となりました。

*****明日へ***
【今日の勉強時間 0.0時間】

2017年11月6日(月) いい日旅立ちまで・・・後5日
退職前に雇用調整助成金の支給を受けながら売上が減少する部門は希望退職を

募り始めてました。退職後は本試験まで少し時間があるので1日中学習なんて無理だと思い、

テキストの内容を自分の今の環境で試し雇用保険の知識定着をしたいと考えました。

そして、53歳で職業訓練校の3か月コースを受験し合格しました。多分その当時のクラスで最高齢だったと

思います。自分の子どもに近い年齢の方と机を並べてPC会計や電卓検定などの学習をしました。

隙間時間に社労士のお勉強をと予定しておりましたが、思ったより講座の内容が濃いものでしたので

その復習に時間を取られ本格的に受験勉強を始4めたのは卒業後の4月からでした。

この年の受験は東日本大震災があり、自分自身も主たる生計維持者であるのに失業中・・・

4月からの受験勉強も1日中自分の時間だからとどこか心に甘えがあり、だらだらと時間のみ

過ぎていたように思います。そして、本試験直前期には軽いうつ状態になり食事も取れなくなり試験前日の夜は

冷蔵庫の前にすわりこみ「試験受けたくない」と泣いていたそうです。

時間がないから集中して学習できること、本試験終了後一番難しい年齢での再就職ができない環境で

あることを学んだ年となりました。

本試験中も心ここに非ず状態でしたので記念受験と同じ得点まで下がりました。もうこれでやめようと

思いました。

*****明日へ***
【今日の勉強時間 0.0時間】

2017年11月5日(日) いい日旅立ちまで・・・後6日
予備校変更して2年目には他のサイトの社労士受験のお仲間と連絡を取り合えるような

関係を築くことができ、通信生の孤独感と情報の少ない悩みからは解放されました。

この年は今年はいけそうかもという勝手な思い込みで進めておりましたが、択一が40点をほんの

少し超えたくらいでずっと停止状態・・・サイトで知り合ったお仲間はぐんぐん得点を伸ばされるのを

なぜだろうといつも考えておりました。

やはり、突合せ・テキスト読みがうまく定着していないのだろうと思いつつ励ましあえる受験仲間と直接

このサイトでお知り合い同志だとわかり交流をさせていただきました。

この年は田舎者の私が東京まで一人で初めて出かけました。そして、東日本、西日本、先輩ライターさんと

多数お目にかかることができました。

その中のお一人は記念碑の伝説のライターさんで東京から帰って翌月には関西のお仲間に会いに

2人で行きました。そこで、地元を案内していただいたりお食事をしながら学習方法についての意見の

交換をして有意義に過ごしました。

翌日には多数合格者が出られた年度の先輩ライターさん、当年度のライターさんと関西地区に集合し

色々体験談をうかがうことができました。

その中のお一人は現在お世話になっている予備校の添削指導もされていて、私の確認テストにも丁寧な

コメントをしてくださいます。

この年から伝説のライターさんの背中を見ながら、学習方法も1歩でも近づけるように早朝学習へ切替

過去問、テキスト読み(これはできていませんでしたが・・・)模試の受け方も見直し教材も自校のものに

集中させました。が・・・

転職して2年目に努めていた会社の経営状態が怪しくなり、このまま在籍していては本試験直前に

会社の整理関係の業務にはいるのではと感じていたので、この年に本試験6か月前に退職しました。

*****明日へ***
【今日の勉強時間 0.0時間】

2017年11月4日(土) いい日旅立ちまで・・・後7 日
受験生活4年目にめでたくこのサイトのライターに当選することとなり

1年間ペースメーカーとして参加させていただきました。

地元勉強会に参加したことで学習方法、教材との付き合い方を指導いただき、予備校も現在

お世話になっているところへ変更しました。

勉強会のメンバーは四国、山陰、関西と遠方から参加されていましたが、参加者がほぼ今の予備校

受講者であったのがちょっと異様な感じを受けておりました。が・・・

勉強会の先輩がいつも会が始まるまでカセットで皆さん耳勉をされているので不思議に思い、

色々お話を聞き、超直前期に年金特訓講座が予備校受講者以外でも参加できるということで

関西地方まで行きました。少し理解が進んでいてもやはり全体的に頭の中でまとまっていない年金の

知識が1日の講座でうまく吸収されていくことに愕然としました。

3度目の本試験を受ける前から、多分ダメだからこの予備校に変更しようと決めていました。

予備校を変更した年からカセット講義からCD講義に変更となりました。

受講し始めてテキストのボリューム、講義の内容のレベルの高さに幼稚園児が中学の教科を学んでいるような

感じを受けてとにかくこの講座の流れについていくだけで精一杯で初学者と同じ心境でしたが、とにかく

電話質問には講師が丁寧に説明してくださり、励ましてくださったのでなんとか本試験まで投げ出さずに進むことが

できました。そして択一、選択ともに点数もアップし受験仲間も増えて本当に変更してよかったと感じました。

が、予備校推薦の「テキスト突合せ」の取り組み方が今一つで北村先生のお言葉によくある「塗り絵教室」となり、

教材もあちらこちらのサイトを見て取り入れてしまい、すべてが未消化、知識が混ざる状態になってしまいました。

点数はアップしたものの合格ラインには届かない状態にどうしたものかと悩みましたが、この予備校からが初学者と

自分に言い聞かせ、次年度へ向かって歩き始めました。

*****明日へ***
【今日の勉強時間 0.0時間】

2017年11月3日(金) いい日旅立ちまで・・・後8日
日記を書き終わった後、思い出しました。

記念受験勉強中の直前期にこのサイトを知って毎日アクセスし、ペースメーカーとしました。

そして、2年目の挑戦と同時にライターに応募しましたが「落選」となりました。

当時は応募者が多くて倍率が高いのではと勝手に想像しておりました。

さて、3年目は同じ大手予備校の担任制の講座を通信で受講し始めました。当時はWEB講座はなくて

DVD収録を送っていただいて受講しました。

受講中に学習方法、教材の取り扱いもお話してくださるキュートな女性講師で苦手な年金も歴史的背景から

話してくださり、パッと霧が晴れたような年金科目への取り組みができました。

過去10年分の過去問もしっかりと取り組みました。同じ予備校ですが、意志の弱い私が初めて通信講座を

集中して取り組むことができたのも講師のお話がすっと頭に読み込まれたからでしょう。

ただ、質問は電話でできるのですが担当講師ではなくアルバイトの方のようで結局質問の答えが明確に

ならないことが多かったことは残念でした。

通信に不安を覚えて当時このサイトにもあった地元の勉強会(広○わ○らの勉強会)へ参加し始めて受験仲間も

できました。月1度会の先輩合格者が問題を作成して解説・講義という形で学習方法の相談にも応じてもらい

通信での孤独感は少しなくなりました。住んでいる近くの方ともお知り合いになり月に1度の会に参加することが

受験勉強のモチベーションのアップへとつながりました。

しかし、まだまだ法律の理解が中途半端で本試験では択一・選択式はどちらの得点も同じ状態で

何をやっているのか状態でした。

*****明日へ***
【今日の勉強時間 0.0時間】

2017年11月2日(木) いい日旅立ちまで・・・後9日
記念受験も無事終了??して、さて2年目の受験生活は平日火・木の2日夜間の

大手予備校へ通学しました。

講師は地元の社労士先生で、受験指導が大好きだよオーラ全開でした。

毎回レジュメをくださるのですが、枚数が半端ではないのです。車通勤でしたので駐車場代も

かさみ講義も延長が多くて時間ばかり気にして講座の理解は今一つ進みませんでしたね。

テキストも前回の分厚い基本書から法律ごとのスレンダーなものとなったのですが、知識不足の私は

分厚い基本書より内容が薄いのでは・・・と疑いの心を最後まで持ち続けておりました。

この年から答練という講座が始まりましたが、この取り扱いも全然理解できていなくて

活用方法がわからないままお蔵入りとなり、模試の活用など・・・法律の理解よりも

学習方法で悩んだ受験年となりました。

年金の複雑さにギブアップ状態で講師も年金大嫌いと話されていたので私もそれに乗っかってしまい

逃げ腰でした。

そんな環境でお受験2年目も学習方法、教材の取り扱いに翻弄された結果、択一・選択式ともにどんぐりの

背比べ状態の成績で本試験を終了しました。

*****明日へ***
【今日の勉強時間 0.0時間】

2017年11月1日(水) いい日旅立ちまで・・・後10日
11月になりました。

一という数字が仲良く並ぶ「いい月」の始まりです。10日にはこのサイトから多くの

「合格桜」が咲くことを祈りながら、自分自身の振り返りをします。

社労士受験を決めたのは、パートナーの友人が税理士事務所にお勤めしながら社労士試験に

合格したというお話を聞いたことからです。

当時建設関係の総務・経理事務を担当していて、社会保険・労働保険の手続きも社労士事務所へ

お願いしていました。

私が在職していた会社は財務内容が厳しく経費見直しの指示があったので、自分ができる業務は

自分でやることにし社労士事務所への顧問契約はお断りすることになりました。

書店へ行って社労士試験関連の書籍を読み、とりあえず独学で簡単に進められるのではと

一瞬に感じたのですが、しばらく書店内を歩き回っていると北村先生の本に出会いました。

即決で購入し、自宅へ帰って一気に読み予備校でないと受験は無理であることを知りました。

田舎住まいなので近くに予備校はなく車通勤であったため平日の予備校通いは無理があり、

通信は意志が弱いので日曜日に開講している地元の社労士さんが指導される小さな講座を受講し始めました。

日曜日は朝から夕方までの授業でしたが、まずは勉強法がわからずどうしたものかと考えている間に

あっという間に夏がやってきて「記念受験」は終わりました。

市販書を使った講座でしたので書籍代だけで10万以上になるくらいでした。使い方の説明もなくて

ほぼ新品同様でお蔵入りとなりました。講座内容よりも講師の合格への栄光話の印象が強くて何だか複雑な

心境でした。受講生は労働局の方がいらして色々実務関係で教えていただくことができていい関係を作ることが

できたことはよかったと思いました。基本講座を受講中に他校模試を受験した際の解説会での講義を聞いて、

基本講座の講師と大きな違いに愕然として2年目以降の講座はこの大手予備校に決めました。

******明日へ***
【今日の勉強時間 0.0時間】