頑張る社会保険労務士/社労士受験生を応援するサイト

社会保険労務士最短最速合格法
 社会保険労務士 最短最速合格法 >> 令和3年度 リベンジ組東日本 受験生日記
なが玉
初めて受験した前回は労一選択式で足切り。2回目の今回は、一般常識対策と選択式対策を強化し合格をつかみ取ります!




なが玉 の受験生日記

2021年9月30日(木) カウントダウン
水曜日の夜はこんばんはコール。
いつも元気をありがとうございます。
昨日のテーマの好きな文房具は
心を元気にしますね。
毎日の勉強のお供ですものね。

皆さまのおすすめ文房具はありますか。
私は昨日までの連載にも書いた、
無印良品の立つペンケースと
フリクションのペンたちですかね。
見て元気をもらってます。

気づけば9月も最終日。

今月は社労士関連の勉強は
・ドSブログの確認
・twitter上の日々の問題確認
のみで、日々30分程度、です。

とりあえず、
ビジネス実務法務検定2級の勉強をして、
合格できたので、
今月は、のんびりとこんな感じで
良かったのでしょう。

さて、明日から10月。
この日記は合格発表日の翌日まで
ということは、翌日起算であと30日。
(あってるかしら?
 実は日数計算が苦手で
 解雇予告や待機期間などは、
 指折り数えるかきちんと紙に書かないと
 不安になるなが玉です。
 だからカウントダウンとしても
 数字をつけないのです。)

毎日書き続けたゴールが見えてきました。

昨日まで長々と書いたので
書き残し・思い残しは無いのと、
多分来年も・・・なので、
こんな感じで、ゆるく最後まで
書いていきますので
お付き合いくださいませ。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月29日(水) 連載4日目(終)
こんな長文を読んで
皆さまコメントしていただいたり、
お便りコーナーまであったり、
ありがとうございます。

今日で
「なが玉の不合格体験記(択一式)」
の連載は最終回になります。

引続き長文ですので
お時間のあるときに
お読みいただければ嬉しいです。


----------------------
なが玉の不合格体験記(択一のみ)
----------------------
【目次】
1.全体振り返り
2.各科目の学習の進め方
3.模試・試験問題の解き方
4.ノートづくり(年金・縦断・横断)
5.安衛法は重要
6.まとめ、来年に向けて
----------------------
5.安衛法は重要
----------------------
安衛法は択一3点、選択2点の科目。

労基法とあわせると
択一で3/10、選択で2/5を占めます。

仮に安衛法が0点の場合、
択一の各科目で7割を取る目標だとして、
労基法で取らないといけない点数は
択一で7/7、選択で3/3、となり
全問正解が必要となります。

では、
労基法の全問正解と
安衛法で得点を稼ぐのは
どちらが現実的でしょうか。

択一式は年金科目で稼ぐので
労働科目は5~6割で良し
とするならば良いですが、
選択式はそうはいきません。

ということは、
択一式・選択式のどちらも
安衛法は1点以上は
必ずとる必要があるということで、

逆に2点取れるようになると
楽になるということ、になります。

では、
それが現実的に難しいことかというと、
・労基・労災との繋がりがある
・法律の体系はシンプル
なので決して難しい内容ではなく、
押さえやすい科目だとは思います。
その先に取っつきづらい名称
(化学物質名とか機械名とか)が
あるだけです。

ただ、出てくる名称が覚えづらいとしても、
徴収法の〇〇〇〇〇届や管職名などの
漢字6文字以上の羅列や、
白書の統計に出てくる内容と比較して
安衛法だけ覚えづらい理由は
ないような気がするのですよね。

択一で言えば、
白書からの出題は2~3問だとすると、
白書と安衛は同じ重要度の気がするのですよね。

でも白書統計よりも安衛法は、
よっぽど狭い範囲の中からの出題なので
全問正解は難しくとも、
得点はある程度取りやすい科目なのかな
と思っています。

とはいえ、私は
毎日白書と巷で言われるように
毎日安衛法をやったわけではなく、
安衛法もほかの科目と同様に
きちんと時間をとって
問題集・過去問の解いて、
ノートに
・安全管理体制
・特定機械
・特定化学物質
・健康診断・面接指導
などを整理したのみですけどね。

安衛法をこんな感じで捉えてみると
面白いのでは、と思います。

あくまで、なが玉の主観で、
予備校の先生方とは
違うことを書いているので
そこんとこ、よろしくお願いしますね。

----------------------
6.まとめ、来年に向けて
----------------------
さて、この長文の振り返りの内容ですが、
9/26の時点で全部書き終えていたのではなく
毎日時間をとりながら書いてきました。

でも、9/26の時点で目次はできていました。

この振り返りの内容の全体像を決めて、
9/25~26に今回の振り返りで書く観点を
項目として目次に落とし、
そこに内容の詳細を、
今週毎日書き加えていきました。

そして、日記に掲載するときには、
毎日はじめに目次を入れることで、
どの内容を書いているのかを
意識していました。

約1年続ける社労士の勉強の中で
出てくるたくさんの知識を
自分がまず曖昧ではなくきちんと理解し、
人に説明できる状態に頭の中を整理するのは
こういう作業なのかなぁ、と思っています。

内容と同じくらい目次が大事。

目次をつくり、
目次のどの項目の詳細のことなのかを
きちんと言語化し意識・認識したうえで、
頭の中のその位置に内容を記憶として書き加えること。

ノートをつくり、
表の縦軸・横軸のどの位置のことかを
きちんと意識・認識したうえで、
頭の中のその位置に内容を記憶として書き加えること。
ノートは本試験に持ち込めないのだから、
頭の中に書き込むしかないのですよね。

もし目次にない項目なのであれば、
新たに目次に加える、何かの例外項目として位置づける、
などを判断し、どの位置なのかを定義したうえで
頭の中のその位置に内容を記憶として書き加えること。

そうすることで
〇の問題を〇だと言い切るための根拠になるかと。

例えば、
選択肢の内容は、目次のある項目のこと(これが論点)で、
この目次の項目の内容は、頭の中の知識では
A、B、Cの3つのことが書かれています。

そして、
選択肢は、B、Cの2つのことがが正しく書かれています。

この場合、
・選択肢の書かれ方は例示だから〇
・選択肢の書かれ方は全ての条件列挙だから
 Aが抜けてるから×
・選択肢には他に書かれている内容から
 このパターンは原則Bの例外に該当するから×
などを判断していくことになるのですよね。

そのために、目次を意識して、
その目次の項目の内容の原則か例外かを整理し、
知識として頭で記憶したうえで、
それが正しく思い出せるのかを、
例えば、ドSブログのこの目次の項目は〇個の知識
と書かれた際にその内容が思い出せることが大事、
なのかなと思っています。

択一式の試験の各科目の得点目標を
例えば、5+2 / 5+2 / 5+2 / 6 / 7 / 8 / 8 で50点
と設定してみて、
それだけをカバーできる目次の項目を理解し、
(使用しているテキストの目次が詳細ならば
 それが利用できるかと)
頭の中のその位置に内容を記憶として書き加えること
になるのですかね。

おっと、
このテキストの目次を見て
論点の内容をを思い出す方法は、
りんごさんが1月にテキスト読みの工夫として
この日記で書かれていた方法でしたね。
そのとき、この方法は素晴らしい! と、感動し
参考にさせていただいたのを思い出しました。
ありがとうございます。

さて、来年に向けて、
今年は、選択式用の目次の項目自体が足りなかったので、
範囲を広く捉えている先生のWebサイトを利用して、
これまでと同じこととその周辺知識を、
これまでと違う説明を読みながら、
知識を拡げつつ既存知識の再整理していく計画です。

冊子のテキストや講義は、
一定のページ数やその時間にするために
泣く泣く内容を削ぎ落しているはず。
でも幹となる目次の部分は失わずに。

そのため、そのような制約のないWeb上で
テキストを展開されている講座で内容を拡げると、
どれだけの広い全体像でどれだけ深い話なのかに
触れてみる目的で、
来年に向けての講座を選択しました。

同じ内容を、違う説明で読みこむことで、
知識が拡がり、より理解が深まるのでは、
と考えています。

来年5月以降は知識の収束に向けて動きますが、
それまでは世界観を拡げてみます。

この振り返りを書きながら、
書くこと(アウトプットすること)は
自分の頭の中を整理することにつながる、
逆に、自分の頭の中が整理できていないと
きちんと書くこと(アウトプットすること)ができない、
ということを、あらためて実感した今週です。

ここまで4日間お付き合いいただき、
このような長文の振り返りにお目通しいただき、
ありがとうございました。

なが玉の不合格体験記(択一のみ) 完
-----------------------------------------------
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月28日(火) 連載3日目
大原とクレアールの本試験解説を見ていると
択一の平均点は去年より高いのですね。

問題文が長くなったり、
労災で想定外の問題が出たり
した感じはありましたが。

来年はもっと高くなるのでしょうか。
怖い怖い。

らんかさんへ
高校は制服がありましたよ。
私服の学校が良かったのですけどね。


引続き長文を掲載しますが
お時間のあるときにどうぞ。

----------------------
なが玉の不合格体験記(択一のみ)
----------------------
【目次】
1.全体振り返り
2.各科目の学習の進め方
3.模試・試験問題の解き方
4.ノートづくり(年金・縦断・横断)
5.安衛法は重要
6.まとめ、来年に向けて
----------------------
4.ノートづくり(年金・縦断・横断)
----------------------
ノートづくりは、振り返ってみても
工夫した点はあまりありませんでしたが、
整理して覚えるのに有効でした。

まとめ用のノートは、
100均の無地A4のリングノートを利用。

無地を利用するのは、
文字を
 いろんな位置に
 いろいろな大きさで
 いろいろな向きに
書き加えるため。
隙き間に書き加えていくことや
色を変えて重ねて書き加えることがあります。

フリクションのいろいろな色のペンで
カラフルにたくさん書き込んでも
裏側ににじまないのも大事。

リングノートなのは、
机のスペースに応じて
半分の大きさにできるから。

ノートは、
大学のときから就職して仕事でも
ずーーっと無地派です。
線が引かれてても
それに合わせて書かないので。
フロー図やツリー図など
図を書くことが多いからですかね。

無印良品の立てられるペンケースに
フリクションの
ペン5色(青・水色・緑・橙・赤)
蛍光ペン6色(水色・緑・黄・橙・桃・紫)
を入れて持ち歩いていたり
机の上にたてて眺めてると
前向きに気持ちのスイッチが入る感じ。
北村先生には怒られそうですが、
メインを青で書く以外は
特に何をどの色で書くかは決めていません。
そのときの気分が大事。

ノートづくりする内容は、
きちんと理解し覚えたい内容と
縦断・横断整理したいもの。

例えば2/26の日記に書いていた
------------------------------------
縦軸に 給付・保険給付/加算額・加給年金額 の種類
横軸に 支給要件/金額/支給調整・支給停止/失権
各セルにその項目の 原則/例外
の表組を、国年・厚年横断で、
老齢/障害/死亡 の3枚の表にまとめ
------------------------------------
のような感じです。

あとは自分で読めればよいので
略語は使っています。
〇被で被保険者、〇済で保険料納付済期間、とか
務の字はカタカナでムと書くとか、
漢字が面倒なものはカタカナですかね。

お決まりの雇用保険や労災の体系図も
カラフルな感じです。
でも、きれいに作るのが目的ではないので
雑なものです。

金澤先生のまとめ方はわかりやすいので、
切り口とまとめ方を参考にして
自分の手でテキストを見ながら作ることで
理解をしたり覚えていきました。
そこに問題を解いていてポイントだと思った点などを
別の色や小さい文字で加えています。

書いて整理して、
頭に知識として覚えることが主目的なので、
定期的に読み返すことはしませんでした。
問題で躓いたときに、ここに書いたっけなぁ、
と振り返ったり、
覚えていなければ、もう一度書いてみたりします。

ノートを作った内容は、
・全体整理をしたいもの
・自分が問題を解く際によく間違えるもの
なので、そんなに多くはありません。

・労災・雇用体系図
・年金横断整理+DB/DC
・適用除外、被保険者の種類・条件
・裁量労働制・変形労働時間制・年少者・女性
などなど、
ありきたりのものばかりでしょうかね。

何回か問題を解いて覚えられなければ
何か別のことをしなければならないのですが、
その方法の1つが、
書くことで整理して覚えることなのでしょう。
----------------------

少しは短くなったかしら。
お読みいただきありがとうございました。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月27日(月) 連載2日目
長文の不合格体験記を読んでいただいた方
ありがとうございます。
塚野先生にもコメントいただき
ありがとうございました。

昨日はビジネス実務法務検定2級の
CBTテストを受けてきました。

無事合格でしたが、
CBTはその場で結果が出るので
ドキドキする時間もなく
ちょっとあっけない感じもします。
2ヶ月ドキドキするのも、、、
ですけどね。

今日も長文になりましたが、
お時間のあるときに
読んでいただければ嬉しいです。


かみやずさん

ありがとうございます。
還暦まであと1周の意味は
(週は誤字でしたね。すみません)
私は丑年で48歳なので、
あと1周りの意味でした。
このラスト1周りを充実させていきたいと思います。


----------------------
なが玉の不合格体験記(択一のみ)
----------------------
【目次】
1.全体振り返り
2.各科目の学習の進め方
3.模試・試験問題の解き方
4.ノートづくり(年金・縦断・横断)
5.安衛法は重要
6.まとめ、来年に向けて
----------------------
3.試験問題の解き方
----------------------
7月以降、問題の解き方が確定してからは、
解くというよりは処理をする、
という感覚で解答できるようになりました。

----------------------------------
<解く科目の順番>
・労基→労災→雇用→一般→健保→国年→厚年
----------------------------------
※以下で
 「問題文」「問題」は「問〇 正しい組み合わせはどれか。」など
 「選択肢」「肢」は「A 〇〇〇」~「E」や「ア 〇〇〇」~「オ」
 「解答」は「A」~「E」で答えるもの
 です。

<解き方>
1.問題文を読んで、正誤のどっちを解答するか確認し、
 「〇」「×」を問題番号の左に大きく記入。

2.選択肢全体を見て、文章の短いものから読み始める。
 差がなかったら上から。

3.選択肢の1肢を読み、
 〇△▽×の4段階と、知らない?の
 5段階で判断して、左側に記入。
 (△は〇よりで不安点あり、▽は×よりで不安点あり)

4.1肢の〇×が判断ついたら、
 問題文(〇×、組合せ、個数)に応じて、
 次に読む選択肢や、もう他を読まずに解答を確定させる、
 などの判断を行う。

5.解答を確定させられる選択肢の正誤判断が完了したら
 確定させた解答A~Eを、問題の左に記入して、次の問題に移る。

6-1. 一読して時間がかかりそうな問題は
 問題に☆をつけて後回しにする。

6-2.2つまで絞れたなど、あと少しで解答が確定できる場合は、
  もう1度だけ選択肢を読み直す。
  その際は、主語と述語と修飾語を文節で分けて、
  切り口をもって(誰が、誰に、いつ、どうする・義務/配慮など)
  1つ1つ確認する。

6-3.3つ以上曖昧になってしまった場合は、
  自分の知識が曖昧だったのが悪いということであきらめて、
  第一印象の△▽をもとに解答を確定させる。
  (他の問題で正解をとればよいので、そこで頭と時間を使わない)

7.見直し時にもう1回確認したい問題は解答A~Eを丸で囲む。

8.全問題の検討終了後、問題冊子の頭に戻り
 解答に丸囲みした問題の見直しをしながら
 マークシートの記入。
 その際に6-1.で飛ばしている問題の科目と問題番号を
 問題冊子の最終ページに記入。
 あわせて、足切りになりそうな科目がないか確認。

----------------------------------
上記のとおり、あまり特別なことはしていない認識です。

問題演習を詰み知識が確かになってくると、
選択肢を読んだ際に、
単純に△▽?で迷う要素が少なくなり、
すぐに〇×の判断ができるようになってきます。

特に〇の選択肢を〇だと言い切れるだけの
根拠が自分の中に必要で、
そのための知識が、
曖昧ではなく、分かっている状態になっている
必要があります。
普段の問題演習から
選択肢を根拠を持って〇だと言い切る
訓練が重要の認識です。
×は間違い探しなので、
そこまで大変ではないのですが、
〇が言い切れると×は簡単に見つかるようになります。

その結果、読む選択肢の数も減ってくる
(解答に関係ない選択肢は読まずに飛ばす)ので
頭も疲れずに、時間もかけずに処理できる感じです。

6-2.のように同じ選択肢を2回以上読む際は、
一読して判断がつかないのだから、
ただ繰り返し読んでもだめで、
文節ごとに区切り、切り口を持って
細かく確認していきます。

?の知らない・聞いたことない選択肢を無視する
(存在しないものとして他の選択肢で判断する)のは
セオリーどおりです。

△▽の選択肢がたくさんあっても、
悩む時間と脳みその疲労がもったいないので
自分の知識が曖昧だったのが悪いと開き直り
あまり考えすぎずに自分の感覚を信じて
解答を確定させていきます。
無理やり考えても、考えなくて感覚で選んでも
もともと曖昧な知識ならば
結果はそれほど変わりません。

7割取れれば良いのだから
迷った問題は取れなくても他で正解できればよい、
という感覚で、
ざくざくと処理しているような感覚になりました。

この感覚で問題に取り組めるようになったのが
7月に入ってからです。

問題を解くのに時間がかからなかった科目は
得点が高くなるのは、
皆さまも感じたことがあるかと。

7月は毎週模試をしていたので
その処理の仕方が定着していった感じです。

模試は自分が曖昧な点を
洗い出してくれるツールです。

同じ問題を解いていると
どうしても前回の記憶に引きずられてしまうので
新しい問題のほうが自分には合っていました。
そのため、模試をたくさん受けています。

模試後は、
間違えた問題と△▽とした選択肢を
確認していきました。

今回の本試験では
労働科目で△▽? の選択肢が続きましたが、
まず1巡目は自分の知識と感覚で
各問題を処理することに集中。

全科目検討終了が16時。
マーク・見直しをしながら
後回しの問題を抜き出したら5問。
(雇用問10、一般問9、健保問10、国年問10、厚年問10)

それをゆっくり確認しました。

それでも一般常識の問9(目的条文のもの)は
わかりませんでした・・・。
----------------------------------

やっぱり長文ですね。
お読みいただいた方、ありがとうございました。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月26日(日) 連載開始
来年に向けての勉強はまだまだ。
いまはゆっくりとしたり、
他のことを、、という状況ですが、
ハチさんやミッチーさんほか、
もう来年に向けて
動き始めていらっしゃる方も
たくさんいるのですよね。
ほんと尊敬します。
私はもう少しゆっくりする予定です。

さて、らんかさんに質問いただいた、
どのように択一式の勉強をしていたかについて
何日かに分けて書いてみます。

合格者でもないのにおこがましいですが、
ご参考になる点がありましたら幸いです。

すごく長文なのでお時間のあるときに
見ていただければ嬉しいです。

これを書き終えたあたりから、
少しずつ勉強を再開しようと思います。

----------------------
なが玉の不合格体験記(択一のみ)
----------------------
【目次】
1.全体振り返り
2.各科目の学習の進め方
3.模試・試験問題の解き方
4.ノートづくり(年金・縦断・横断)
5.安衛法は重要
6.まとめ、来年に向けて
----------------------
1.全体振り返り
----------------------
今年の試験の択一は56点、
 9/6/8/5/10/9/9 (安衛3/徴収5)

今年受けた模試と本試験の計10回の平均は
 54.5点

ポイントは
セオリーどおりの点では
 ・年金・徴収法は8割以上確保。
セオリー外では
 ・模試をたくさん受けて良かった。
 ・安衛法はすっごく大事。
でしょうか。

各模試の際にも記載していましたが、
各科目の得点だけでなく、
安衛/徴収 も別個に成績を把握するのは
大事でしたね。

安衛法/徴収法に限って
模試と本試験計10回の平均は
 2.2点/4.8点

実は、安衛法はこの試験では
とても重要なポイントだと捉えています。
このあたりは5.で書いてみます。

また、試験問題を解いているときの感覚が
7月から明確に変わった実感があります。
そのあたりを3.で書いていきますね。

総論で書くと、
昨年1月から始めた勉強が組み合わさって
身を結んでいる実感です。

同じことを、違う説明で聴く・読むことで
理解が深まり、
問題を解くスピードが速まっています。

A.なんとなくわかっている
B.わかっている
C.人に説明できる
の3段階として、いろいろな視点から学ぶことで
C.ができる内容が増えてきています。
そのため問題をすぐに判断・処理が
できるようになってきました。

1年目は、studyingの早苗先生で
前半は知識ゼロから初歩を教えていただき、
後半は井出先生に情報を整理していただきました。
もし早苗先生の講義で理解していなかったら、
井出先生の講義はレベルが高くて
???だらけでした。

2年目は、1年目をベースに
大原の社労士24で全体を確認しつつ
ドS勉強会で情報整理。
金澤先生、塚野先生にお世話になりました。

整理して理解したい内容は
ノートづくりをしていました。
このあたりを4.で書きます。

全体として、択一式については
この2年間の積み重ねの結果だと実感しています。
今年の勉強の仕方について
具体的にこのあと2.で書いていきますね。

----------------------------
2.各科目の勉強の仕方
----------------------------
各科目、1周目は以下の順で進めました。
----------------------------
1.講義とテキストに入る前に、
 過去問ランドで過去10年分の問題を
 範囲順(条文順)で解く。

2.社労士24の講義を聴く。
 ・随時iDEのテキストで補足理解。

3.講座内の確認テストを解く。

4.トレーニング問題集アプリを解く。

5.ドSブログのその科目を縦断確認する。

6.理解が必要な内容はノートづくりをする。

7.過去問ランドを再度1周する。
----------------------------

ある程度知識のベースがあるわけなので、
1.で自分がわかっていないことを把握してから
講義を聴くことで、聴き方が違いますよね。
〇×ではなくその理由が答えられて
初めて正解とするというのはセオリーどおり。
このタイミングでの正解率は
80%~85%くらいだったかと。

4.以降で問題を解いて間違えた点は、
随時、昨年のiDEのテキストを参照しつつ
社労士24のテキストと比較しながら
理解していきました。

5.のドSブログを科目縦断で
一気に確認する際の私の使い方ですが、
このブログの問題文や長い説明は
読まずに飛ばして(塚野先生には申し訳ありません)、
「ここで必要なのは〇個の知識」と
書かれている知識の〇個の論点が
自分で思い出せるかどうかです。

クイズ100人に聞きました、みたいに
「答えは〇個」と指定されたほうが、
あるあるあるあるあるーーーっ、
ピポピポピポピポ―ン、と
思い出しやすくなるイメージですかね。
(古くてすみません)

できなければ、
テキストに戻るなどで論点を確認します。
ただ、個数の数字自体は、
まとめ方や見解により異なることがあるので、
自分のまとめ方での個数で
先生の数字には拘らなくてよいです。
(ここでも塚野先生には申し訳ありません)

法律を体系的に理解するにあたり、
この方法はとても良かったですよ。

他には、
11月から毎日昼休みに勉強時間を20分ぐらいとって
以下のサイトの問題を解いていました。
----------------------------
A. 最短最速非常識合格法サイトの2問
B. 日本で2番目にドSな社労士試験対策
  (ドSブログ)の1問
C. 佐藤塾のランチタイムスタディ
D. さくら先生とひまわり先生のブログ
E. 社労士合格研究室のブログ
----------------------------
この5つのサイトの問題を貯めずに
毎日解いていくのは、
毎日違う科目にも触れられて良かったです。
最短最速の問題解説も詳しいので
ここでも違った視点での理解につながります。

1周目が終わった5月以降は、
ひたすら問題を解いて、
間違えたら確認するの繰り返しですが、
あまり同じ問題を解くのが得意ではないので
・過去問ランド
・トレ問アプリ
は結局3周、間違いが多い問題は+数回、でした。

・答練・模試
・上記A~Eのサイト
・twitter上の問題
などで新しい問題に触れることが多かったです。

問題演習は、冊子ではなく
アプリ・過去問ランド派です。

理由は、
・ちょっとした時間にスマホだけでできること。
・勝手に記録が残っていくので、
 覚えていないor間違えて記憶している問題を
 簡単に洗い出せること。
・問題の順番をランダムに変えられることので
 記憶の確認・定着に使えること。
です。

6.のノートづくりは別の項目で書きますね。
----------------------
うーん、長文ですね。
ここまでお読みいただきありがとうございます。

続きの明日以降は少し短くしますね。(予定)
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月25日(土) 怪獣
晴れた土曜出勤日は少し悲しい。
お日様をたくさん浴びたい気分。

そんなお日様を見ていたら
怪獣のバラードが頭の中に流れてきた。
ちょっと寂しいけど元気になれる曲で嬉しい。

最近はyoutubeで
FP試験向けの動画を見ていますが、
年金についての解説で
わかりやすいものがいくつかあります。

このようなコンテンツを作成して
無料で公開してくださる方が
増えていることはありがたいですね。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月24日(金) 芸術の秋
あまりテレビを見ないなが玉ですが、
俳句の番組は好んで観ています。
日本語の美しさが感じられて好きです。

そして、何故だか使われている音楽が
吹奏楽コンクールの昔の課題曲が多いので
懐かしく感じてしまいます。
昨日は中学3年のときのだったかなぁ。

芸術の秋を満喫したい!
でも
食欲の秋も満喫したい!
モンブランにジェラシー。

TAOさん
ありがとうございます。
ミュージカル、いいなぁ。
私はずっと観に行けてなくてさみしいです。
早く安心して観劇して感激できる世の中に
なるといいですね。

らんかさん
ありがとうございます。
そして、いつもお気にかけていただき
ありがとうございます。
択一の件について、
合格者でもないのにおこがましい話ですが、
来週に少し書いてみますね。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月23日(木) 最後の1週
かあこっちさん、Kimmさん、tomoさん、
ハチさん、りんごさん、yuzuyuzuさん、
ほか皆さま、
誕生日のお祝いありがとうございます。

ここから還暦までは最後の1週。
2週目の人生を楽しむために
この最後の1週が大事。

まだまだ、
 やりたいこと(will)、
 やれること(can)、
 やるべきこと(must)
は、たくさんですね。

この3つの輪の重なりが
大きくなるように
挑戦していきます。

週休2日なので、
今日は祝日だけど出勤日。
土曜日も出勤日なので、
まだ週の真ん中。

ぼちぼちですね。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月22日(水) おめでとう
昨日、中小企業診断士の1次試験の
合格発表がありました。

試験日は8/21-22で同じでしたが
社労士は発表まで、あと1ヶ月ありますね。
いろいろ調整しているのかしら。

前に、ディズニーのふしぎな国のアリスの
お誕生日じゃない日の歌
The Unbirthday Song
が好きということを書きましたが、
今日は、365日の中で唯一の
お誕生日じゃない日じゃない日。

UnbirthdayとBirthdayの
両方ともめでたく、
毎日お祝いできるのですよね。

日々、普通に生活できるだけでも
ありがたく、おめでたいことですね。
自分に、おめでとう、です。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月21日(火) コア
この連休中、オンラインの無料コンテンツを
たくさん見て、参加してみた。

オンラインでいろいろな講座が
無料で受けられるのはありがたい。
チャットや口頭での双方向の
コミュニケーションも実現できている。

昔だったら数万円払って受けていた研修が
いまやオンラインで無料で受けられる時代。

個人が発信者となって情報提供できる時代となり
情報を持って発信していることだけでの価値は
どんどん低くなっていくように感じる。

その世の中で、
自分の強みをどう捉えて
どう活かしていくか。

今回受けた講座の中で
次のことが話されていた。

自分が自分の強みと思っていることと
他人からみた自分の強みとは
異なっていることが多い。

ジョハリの窓のフレームワークは有名だが、
自分一人では気づかないもの。

たくさんの人と触れ合いながら
自分の強みの核を捉え、育てていきたい。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月20日(月) パラパラ
月曜の朝はおはようコールから。
祝日でも元気をいただき
ありがとうございます。

昨日は少し曇っていたけど、
今日はいい天気。
雲のない富士山は久しぶりです。

らんかさんのハウステンボスの動画をみて
ふと思い出したミッキーパラパラ。

スーパーダンスマニアは
ディズニーランドのショーの中で、
いまだに一番好きですね。

年パスもって会社帰りにも
インパして踊っていたのは
ミレニアムな2000年なので、
もう2昔も前。

次に行けるのはいつになるかしらね。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月19日(日) 神様
昨晩は今年3回目の飲酒Day。
お酒を飲む機会は減りましたね。
朝はゆっくりお寝坊しました。

今日に日付が変わるまで
お付き合いいただいた金狼先生はじめ、
斎藤先生その他のご参加の皆さま、
楽しい時間をありがとうございました。

社労士の勉強はとりあえず置いといて
勢いで次の日曜日を試験日にしてしまった
ビジ法2級のCBTテストに向けて
問題演習を進めなくてはいけないのですが、
読書をしたり、ピアノの練習をしたり、
勉強ではない時間の使い方を
している今日この頃。

昨日はガスの点検がくるとのことで
水周りの掃除をしてました。
しばらく掃除してなかったなぁ、と反省。
トイレの神様を思い出しながら
神様に見捨てられないようにしていきます。

神様ヘルプってカラオケで叫んでいた頃が
懐かしいなぁ。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月18日(土) リコーダー
読書の秋、秋の夜長、良いですよね。
小説を読んでいる時間は幸せです。

勉強ではない自分の時間を
贅沢に使っている感じがします。

そんなゆっくりとしたときに、
普段あまり見ないテレビをつけてみたら、
懐かしいリコーダーの音が。

ピタゴラスイッチって
まだ同じ感じでやっているのですね。
これも長寿ですね。

いま見ても面白いし勉強になりますね、

むかしむかし、
着メロをピタゴラスイッチにしていたのを
思い出しました。

あの曲、とても好きなんですよね。

かあこっちお姉さま
私も三姉妹のシリーズ好きです。
赤川次郎さんの小説に出てくる女性は
素敵な個性をお持ちですよね。

tomoさん
ぜひ順番に読んでみてくださいね。
なかなかの展開になっています。

yuzu yuzuさん
小説のお勧めはなかなか難しいですが、
私が高校生のとき一番泣いたのは
三浦綾子さんの塩狩峠です。
機会があればぜひ。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月17日(金) 保育園
保育園の発表会は
堤防が何回も決壊してました。

いまとは世代が違うので
歌う曲も違うとは思いますが、
ともだちになるために~♪
なんて歌われたら
もうそれだけで大変。
にじのむこうに♪
なども好きでしたね。

劇の発表みてもそれだけで大変。
いわんや卒園式をや。

そんな子供たちも
もうすっかり大人ですものね。

なが玉もおっさんになるわけです。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月16日(木) 秋
7日間連続の読書会も昨日で最終日。
とりあえず皆勤はできました。
こちらはビジネス書ですが
あらためて読み直したいですね。

なが玉が読書に一番はまったのは
高校・大学のときですね。

電車で片道1時間あったので
ひたすら読書でした。

ケータイが無いときの
通勤通学の電車の中は、
みんな漫画雑誌か新聞か読書か
睡眠でしたよね。
いまとはまったく違う風景です。

赤川次郎さんでは、
三毛猫ホームズのシリーズも読みましたし、
個人的には悪魔のシリーズが好きです。

ほかにも、
三浦綾子さんとか、
あまんきみこさんの童話の文庫本とか、
買ったり図書館にいったり
いろいろ読んでいましたね。
そうそう、前にも書きました
トトロの小説版の文庫本は
何度も読み返しました。

でも読書の秋より、スポーツ運動の秋だと
昨日のこんばんはコールでいただいたので
過ごしやすいこの時期に、健康を意識して
運動しないといけないですね。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月15日(水) 33年間毎年続けていること
中学3年のときから
毎年9月に続けていることがあります。

それは、
赤川次郎さんの文庫本小説の新刊を読むこと。

杉原爽香の
「(色の名前) の (アイテム)」
というシリーズのタイトルで
毎年9月に文庫本で新刊が発売されます。
今年で34冊目。

もう33年間続いているのですね。
なが玉もおっさんになるわけです。

最近、小説はほとんど読まなくなりましたが、
このシリーズだけは別です。

なぜ続いているのかというと、
1冊完結の話ではあるのですが、
毎年新刊が出るたびに
主人公や他の人も年齢を重ねて成長しているので、
この33年間の全体を通しての
人間模様や環境の変化を
楽しむことができるからですかね。

なので、シリーズ当初中3だった主人公も
今年は48歳で夫と小学生の娘もいるのですよね。

もう33年間続いているのですね。
なが玉もおっさんになるわけです。

タイトルの色の名前もいい感じ。
若草色・薄紫・象牙色・緋色・茜色・利休鼠
とか、もう34色ありますものね。

もう33年間続いているのですね。
なが玉もおっさんになるわけです。

発売日の昨日で一気に読み切ってしまいましたが、
小説を読んでいる時間は、
現実とまったく違った世界に入れるので、
とても好きな時間です。

資格試験の本やビジネス書だけでなく
小説を読む時間も大事にしていきたいですな。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月14日(火) 勉強会
私もハチさんに乗っかって、
ドSブログの勉強会のことを書きますかね。

ドS勉強会は
昨年4月から5回
今年5月から4回
参加しました。

今年の4月、順調に勉強が進み
社労士24の全科目1周完了が見えたので
あと、何か足すべきかを考えていました。
直前対策と模試は別にとっているので
それ以外に何を足すか。

いろいろ考えて
そこで選択したのが
ドS勉強会でした。

この勉強会では、昨年の経験から
・自分がわかっているつもりになっていることと
 わかっていることを切り分けること。
・関連知識を含め、科目横断で知識を整理できること。
の2点ができることが、私にとっての魅力でした。

それと相まって、
・受験生仲間が増えること。
ですね。

勉強会の場はアウトプットする場面が
昨年より強化されていて、
なんとなく知識を身につけていること、と、
人に説明できる状態まで理解できていること、
の両者の差を、いやというほど体感できました。
ほんとにいやというほど。

この差が、類似の問題が出た際に
正誤判断できるかどうかの差につながるのだと
実感しています。

でも、なぞなぞなども加わり、
楽しく勉強できる環境を整えていただいた
塚野先生には感謝しています。
ありがとうございました。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月13日(月) 精神力
月曜日の朝はおはようコールから。
いつもありがとうございます。

勢いで別の試験に申し込み
試験直前期とすることで
気力回復を図ったけど、もう大変。
あと2週間で間に合うかしら。

そんな中ですが、
週末はカーリングに
夢中になっていました。

状況に応じて変化する戦略と、
それを実行できる技術と精神力。

試験本番で実力が出せなかった、
なんて言えないですな。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月12日(日) 変えて変わる
昨日、ある先生からいただいたアドバイス。

周りの環境を変えてみたほうがいいですね。

そうなの。
そこはある程度は自覚しているの。
でも、、
そこを加速していかなきゃいけないのかしら。

で、そのためには、
自分が変わらないといけないのですよね。
周りは変わらないので。

オンラインで皆さまと
新たなつながりを築くことができたことは
自分にとって大きな変化で、
とてもありがたいこと。

まだまだ自分を変える旅は続くのですよね。

変わる自分を楽しもう。
変わっていく毎日を楽しもう。

学ぶことは自分を変え、
それは周りの環境を変えることに繋がるのですね。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月11日(土) 読書
昨日の夜は読書会に参加。
7日連続開催の2日目。

最近は資格試験対策の本ばかりで
ビジネス書を読んでいなかったので
久しぶりの感覚を味わっています。

オンライン上に双方向のコンテンツが
無料もしくは安価で提供されるようになり、
ありがたいことです。

関心の範囲を拡げていきます。



かあこっちさん

お誕生日おめでとうございます。
素敵な週末をお過ごしくださいね。
そして早くみんなでお祝いできるようになると
いいですね。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月10日(金) 幅広く
以前にこの場に書きました
Googleアラートで抽出するキーワードを
整理し追加してみました。
(統計名とか・・
 助成金とか・・
 試験委員の人の名前とか・・)

いまの時間があるうちに
そこで抽出された記事から
面白く興味深い記事を
幅広く読んでいこうと考えています。

一般的な視点から見ることもできるかなって。


ハチさん

その場まで行かれる行動力は素敵ですね。
私も判例は興味深く、
必要以上に追っかけていた自覚があります。
サイキョウ社労士の判例解説に
想像というか妄想を膨らませて
人間ドラマを感じてしまいます。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月9日(木) いとをかし
むかし、こんな歌があったような。

大人って難しい。
ムズムズっとするほどむずかしい。
怒ると怖いけど、
観察してみるとかなり面白い♪

その歌詞で出てくる例をみても
子供目線で、何で?ってことが
多いのでしょうね。

いろいろな柵の中で
日々いろいろな選択をしていくわけで、
面白い楽しい選択をしていきたいなぁ。

子供のときは勉強しなさい、
と叱られてもやらなかったのに、
いまは勉強の時間がなかなか取れなくて
勉強したくて仕方ない、
というのは、いとをかしな感じですね。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月8日(水) 投資
ようやく給付金用の修了試験が
解き終わり提出。

なかなか腰が重く進まなかった感じ。
まだ、社労士については
前向きになりきれていないのでしょうかね。

来年に向けての勉強は
拡げるけど薄くして
トータルの投資量は減らす、
という方向性です。
天秤にかけて犠牲にするものは
減らすほうが良さそう。

いまは、ビジ法の勉強を
楽しく進めていますが、
これも拡げているひとつですね。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月7日(火) 勉強不足
今年の試験を振り返って、

 私は今年合格できる実力が無かった。

と捉えています。

今年合格できなかった理由は
試験で普段の実力が
発揮できなかったからではない。

勉強の量が不足していたのでもない。

勉強の質や勉強のやり方が悪かったのも
あったかもしれないけど
直接の原因ではない。

あのまま、あとどれだけ勉強量を増やしても
私は今年合格できる実力には達しなかった。

では、
なぜ今年合格できる実力に達せなかったのか。

それは、

 私が勉強した内容・範囲が不足していた。

からです。

勉強の量・質の不足ではなく
勉強する内容の不足です。

来年に向けて、
勉強する内容を変えて(足して)いけるよう
動いていきます。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月6日(月) 来年に向けて
月曜日の朝はおはようコールから。
いつもありがとうございます。

来年に向けて、
当面の教材を決めて
歩き出しましたが(走り出してはいない)、
ここまで使用した教材を
振り返ってみます。

■1年目■ 択一46 選択26(労一0、社一2)
<有料>
・studying社労士総合コース
・IDE社労士塾短期ゼミ
  年金特訓
  直前総まとめ
  横断整理
  一般常識(白書・統計・法令)
・塚野先生のZoom勉強会
・模試 
  LEC模試×3、IDE×2

<無料>
・社労士過去問ランド
・最短最速1日1問
・日本で2番目にドSな社労士試験対策
・クレアールヤマアテ模試

■2年目■ 択一56 選択26(労一1、国年2)
<有料>
・大原社労士24+直前対策
・最短最速大阪zoom勉強会
・塚野先生のZoom勉強会4回
・みんなの社労士合格塾
  ターゲット5000
  メールセミナー
・模試
  LEC×4、大原×2、佐藤塾、社労士V市販
・社労士トレ問アプリ(大原)
・社労士秒トレ

<無料>
・社労士過去問ランド
・最短最速1日1問
・日本で2番目にドSな社労士試験対策
・佐藤塾ランチタイムスタディ
・クレアールヤマアテ模試

昼休みに
・最短最速1日1問
・日本で2番目にドSな社労士試験対策
・佐藤塾ランチタイムスタディ
の3サイトの毎日の確認を習慣にしたのが、
溜め過ぎずに良かったとは思っています。

社労士24メインだったので、
講義は時間かからず、
トレ問と選択式問題集ほか問題を解くことに
時間をかけられたとも思います。

来年へは選択対策です。
いまのところは以下の予定ですが、
直前期に余裕があるか不安があれば
増やすことになるとは思います。

■3年目■ 目標 択一:50 選択:足切りなし
<有料>
・社労士合格ゼミナール
・社労士秒トレ
・市販の問題集(選定中)
・答練変わりに模試をたくさん

<無料>
・社労士過去問ランド
・最短最速1日1問
・日本で2番目にドSな社労士試験対策
・佐藤塾ランチタイムスタディ
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月5日(日) お寝坊さん
昨晩は珍しく日付変更線を超えるまで
起きていたので、今朝はお寝坊さん。

昨日は久しぶりにプールに。
緊急事態宣言での影響で
1人1コース使えたので
快適に1時間ほど。
ここから継続できるかしら。

ビジネス実務法務検定の勉強をしていると、
民法を学んで原則を知っておくことは大事で
その原則の例外として、
労基法その他の特別法があることが
理解できてきています。

宅建士や行政書士など他の資格でも
民法は学べますよね。
今回は年内で合格をとりたかったので
ビジ法にしてみました。

昨日は大原の資格フェアやZoom勉強会に参加でき
来年に向けての意識を高めることができました。

来年に向けて、勉強の環境を整えていきます。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月4日(土) 連続
試験直前期は外食か中食にしていたのですが、
ようやく内食に戻しつつあります。

<昨晩のメニュー>
・素麺
・冷奴
・もずく酢
・しじみの味噌汁(インスタント)

単身赴任の食事なんて
こんなもんですかね。

これにおやつで
・蒟蒻畑蜜柑味
・アーモンドフィッシュ
が加わっていますが。


ここまで、
素麺も豆腐ももずくも味噌汁も
すべて3個パックだったので
毎日同じメニューになるのですが、
蒟蒻畑の味を3種変えるだけで
気分が変わるからありがたい。

ハチさんの野菜1種で
味付けを変えるような、
器用なまねはできそうになく。

かあこっちさん
9フレーム、私も今日のセミナー受講して
気持ちを高めていきたいと思います。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月3日(金) 内食
試験直前期は外食か中食にしていたのですが、
ようやく内食に戻しつつあります。

<昨晩のメニュー>
・素麺
・冷奴
・もずく酢
・しじみの味噌汁(インスタント)

単身赴任の食事なんて
こんなもんですかね。

これにおやつで
・蒟蒻畑葡萄味
・アーモンドフィッシュ
が加わっていますが。

簡単なのが一番ですよね。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月2日(木) 内食
試験直前期は外食か中食にしていたのですが、
ようやく内食に戻しつつあります。

<昨晩のメニュー>
・素麺
・冷奴
・もずく酢
・しじみの味噌汁(インスタント)

単身赴任の食事なんて
こんなもんですかね。

これにおやつで
・蒟蒻畑檸檬味
・アーモンドフィッシュ
が加わっていますが。

簡単なのが一番ですよね。
【今日の勉強時間 0.0時間】

2021年9月1日(水) 日本語は難しい
この日記を書く時間があれば、
勉強時間をもっと増やせるのでは。
直前期は時間もったいなく感じませんか。

という話を先日の打上げでいただきました。

確かに、私はこの日記を投稿するのに
日々10分~60分程度の時間を使っています。

書いて、推敲して、書き直して、
熟語があっているか検索して、など。

でも、私の場合には、
時間がもったいない、と
思ったことはありません。

試験勉強とは別の目的で
必要なことだと判断しているためです。

この受験生日記は
・日本語の文章を発信することの訓練ツール
・試験勉強ほか生活を振り返り、
 前向きに進むためのツール
・人脈を拡げるためのツール
なので、
試験合格後に必要なものの訓練の場だと
捉えています。

試験に合格し、将来士業で独立したときは
・いかに情報発信をしていくか。
・いかに人脈を拡げていくか。
が重要になりますよね。

そのために、
いろいろなネタを日々探して、
伝わりやすい日本語にして表現する技術を、
まだまだ試行錯誤やいくらでも失敗できる
この受験生日記という環境で、
鍛えていただいていると捉えています。
(事務局の皆さま、
 ありがとうございます。)

そして、発信したものをもとに
人脈を拡げていくためには、
書いている内容で印象に残ることが大事。

そのため、書き始めのころは、
自分の人格や読んでいただく方のペルソナを
いくつか設定して、
共感の接点をどこにおくかを意識して
書いていました。
(そのため、私がいい齢したおっさんだと
 明確に白状したのはしばらくたってからで、
 当初は性別も中性的に書こうと意識してました。
 でもいま読み返すと、内容から年齢も性別も
 バレバレなので無駄な努力だったのですけどね。)

読みやすい文章のためには、
 短めの文で、リズム良く、
 体言止め、話し言葉、倒置法、
を使いながら、
 冗長にならず、
 読み手が反応したり考える隙間を残して、
 書き過ぎず、
あたりが、今回日記を書いていての体験で
実感したとこです。ありがとうございます。

ここまで書いて、はっと思いました。

子育て中に勉強を頑張っている方々や
お仕事やご家庭その他の事情で
隙間時間で何とか勉強されている方々より
私は自由になる時間が多いので
こんな意識で取り組めたから
この時間がもったいなくないのであって、
やっとの思いで勉強時間を捻出されている方々には
日記を書く時間はある程度制限しないと
もったいなくて当然ですよね。
皆さま勉強と両立されていて、
ほんとに凄いと尊敬します。

ここまで続けてこれましたが、
日々、日本語の難しさ、文章を書くことの難しさ、
を実感しています。

私の日記の内容が
少しでも印象に残っていただけていたら
とても嬉しいです。

これからも、なが玉の日本語力向上のため
お付き合いいただけたら幸いです。
【今日の勉強時間 0.0時間】